口コミで決定!キレイになれる補正下着ランキング

補正インナーQ&A

補正インナーに関する悩みや質問に、分かりやすくお答えしていきます。

補正インナーって痩せる効果もありますか?

厳密にいうと、答えはNOです。「痩せる」という状態は、体重そのものが減ることをさします。補正インナーを着用することで体重が減ることは期待できません。

でも、補正下着を着けることで体のラインを補正することができます。つまり、外見的に痩せて見える効果があるのです。女性らいいくびれや胸の膨らみなど、補正インナーでメリハリのあるプロポーションに矯正してあげると、外から見て痩せたように見えたり、引き締まったボディに見えるのです。

実は、ダイエットなどによって体重だけを落としても、体型そのものが美しくなるわけではありません。メリハリのあるボディこそが、美しく見える秘訣ともいえるでしょう。そのためには、補正インナーなどで計算されたボディを目指すことは大変有効だといえます。

ですから、ダイエットと並行して補正インナーも着用すれば、体重を落としながら体型も作ることができて、より理想に近いプロポーションを目指すことができます。

補正インナーは苦しい、きついというイメージがありますが・・・

昔はとにかく締め付ける、小さければいいとった誤った理解をしている方も多かったのも事実です。でも、最近は体に合ったサイズをきちんと選ぶことで、苦しさをあまり感じることなくきれいに補正することができます。

補正インナーで締めて細くするのは間違い?

補正インナーは、その人の体型で最も美しい状態を導き出すことを目的としています。やみくもにきつい補正インナーを着用すると、逆に体の脂肪に段ができて凸凹な体のラインになってしまいます。今の体に合ったサイズを選ぶのが、上手な補正インナー選びのポイントです。

極端な下半身デブな私でも大丈夫ですか?

補正インナーは、体のあらゆるところの悩みに対応しています。例えば、下半身が気になる方は、ガードルタイプのものをお勧めします。お腹回りの脂肪が気になる方は、脂肪をリフトアップするインナー補正をすると、きれいなラインを作ることができます。バストやウエスト、ヒップ、太ももなどそれぞれに対応したものや複合的に補正するタイプなどいろいろなデザインがありますので、自分の悩みに合ったものを選択するといいでしょう。

補正インナーは、どれくらいの頻度で使えばいいでしょうか?

体型を補正するには、ある程度の時間その形に固定しておく必要があります。ですから、できれば毎日少しでも長い時間着用していたほうが、効果は高いでしょう。たまにしか着けない、お出かけの時だけ着ける、といったパターンだとその場限りの補正になってしまい、すぐに元に戻ってしまいます。

おしゃれな補正インナーってありますか?

補正インナーといえば、どちらかというと昔は締め付けることが目的でした。最近は、デザイン性も機能も格段にアップしています。以前は、ベージュ系や薄ピンク系の物が主流でしたが、今はブラックやパープル、ピンクやブルーなどカラフルでおしゃれなものもたくさんあります。レースや刺繍など凝ったものもあり、それだけでも十分におしゃれなインナーとして使えるものも増えてきました。

補正インナーって高いというイメージがありますが。

確かに、以前は数十万円するものをよく見かけました。営業に乗せられてつい購入したけどほとんど使っていない、なんて話も現実にありました。今でも高価な補正インナーブランドもありますが、1万円以下の物も数多く販売されています。補正インナーは、普段使いのインナーに比べて素材も特別仕様であったり、様々な機能を備えています。ですから、必然的に比較的高めの価格設定となります。ただ、通販やインターネットなどを利用して探せば価格帯もお手頃な物がたくさんありますので、調べてみるといいでしょう。

サイズが合わないと感じたらどうすればいいですか?

購入直後なら、交換してくれるところがほとんどです。ただし、セール品など対象外の物もありますので、購入前にきちんとした採寸やカウンセリングをうけるといいでしょう。

着用しているうちに体型が変わり、サイズが合わなくなった場合、購入したお店によってはサイズ補正や修理が可能なところもあります。購入店舗に問い合わせてみるといいでしょう。その場合、費用などについても確認することをお勧めします。

肌が弱いのでかぶれないか心配です。

補正インナーは肌に密着しますので、中にはかゆみを感じる方もいらっしゃいます。その場合、アレルギーが原因であったり汗疹などによるかゆみも考えられます。購入前に生地の素材や、通気性などをチェックしておきましょう。

購入後のお手入れ方法を教えてください。

補正インナーは、とてもデリケートなものです。機能を維持するためには、形や素材などを崩さないように扱うことが大切です。特にお洗濯の際には、注意しましょう。タグに表示された選択方法をチェックし、基本的には手洗いすることをお勧めします。ぬるま湯でつけ置きをした後にやさしくすすぎ洗いをします。ワイヤーやボーンの入ったものは、特に要注意です。ホックの付いたものは、ホックを締めた状態で洗うと型崩れしにくくなります。干す際も陰干しがお勧めです。

 
理想のボディラインになるための補正下着カタログ